里山フォッター(Satoyamaphotoer)

里山フォッター写真撮影&陳列情報

里山フォッター(Satoyamaphotoer)写真撮影&陳列情報

6月の後半天気が悪くオオガハスの写真を撮りにいけませんでした、
やっと晴れ間が見えた7月1日には朝の競輪場駐車場無料開放が終了。
図書館の駐車場の開く8時45分にオオガハスの写真を撮りに。


天候は思った程良くならず、中中応募出来る写真が撮れていません。
この写真はトチの実の写真です。栗のような大きい実になりますが、
渋抜きしないと食べられないそうです。日差しが少なかったので、
葉っぱの影が少なく良く撮れたのかもしれません。


Woodlandフォッター写真カタログ
NGパレット
トチ
昭和の森7月
オオガハス
千葉公園

足利のフラワーパークの写真もアンデルセンでの写真も全てNGです。
OKの写真は4枚のみです。残念です。



この写真はアンデルセン公園のフジの花です。NGです。
次の応募写真はアドベのフォットショップエレメントで加工して応募します。
どうなるでしょうか?OK写真が沢山有ると良いですね。


BigTree陳列写真
NGパレット6月BigTree
足利フラワーパーク
船橋アンデルセン公園
千葉公園

桜広場のユリカモメの写真は沢山撮った割には応募枚数は少なく、
3枚しか応募出来ていません。その3枚すべてNGでした。



この写真は不鮮明でNGです。被写体が遠かったので久しぶり、
ボケも1枚発生しました。チェックが甘くなってしまった結果です。
花が沢山咲く時期なので山陽メデアフラワーミュージアム出の写真も、
応募し陳列されました。黄色いニワゼキショウも陳列されました。


WoodlandPhotoer陳列写真
NGパレット6月WoodlandPhotoer
ニワゼキショウ
カルガモ
6月8日サクラ広場カルガモ行進

コバンソウと言う草ご存知ですか?花なのか実なのか分かりません。



稲で言う穂に当たる部分のようです。可愛いので6枚ほど応募しました。
コバンソウは3枚OKでNGが3枚でした。
ハマヒルガオの写真3枚とシロツメグサ2枚が陳列されました。
昭和の森での写真は10枚ほど陳列されています。


里山フォッター写真カタログ
里山フォッター:NGパレット5月
ハマヒルガオ蘇れプロジェクト
昭和の森5月
ハクモクレン

ゴールデンウイーク応募期限の審査結果が出るのが大分遅れていました。
3週間くらい遅れていたかもしれません。そのため審査の結果のブログ
記事を書くのが遅れてしまいました。



応募写真の中に船橋のアンデルセン公園の写真が有りました。
この写真はアンデルセン公園のハンカチノキです。
他に青空と白雲にケシの花の写真が新たに陳列されました。
NGの写真は12枚でした。


Woodlandフォッター写真カタログ
NGパレットWooodland5月
ハンカチノキ
船橋市アンデルセン公園散歩
カタクリ
メジロ

習志野市のサクラ広場の奥のほうに池が2つ有ります。
大きい池と一回り小さい池です。
サクラ広場は名前の通り春にはサクラの花が
訪れる人を楽しませてくれます



大きな池の中程にカルガモのお家が有ります。
花見に行った時に事務所の係りの人にカルガモの行進の写真を
見せてもらって6月になるとカルガモ来ることを知りました。
今年は未だ来てい無いとの事でした。

サクラ広場のカルガモの宿
サクラ広場サクラ開花
カルガモ
オナガガモ
ソメイヨシノ
カンピザクラ

新築の高洲プールはオリンピックの練習場に使うとかで、
仕様変更完成が遅れているようです。今日の花壇は草抜きです。
新築プールは殆んど出来上がっているようです。




入り口が見えますがどの様に使われるのでしょう?
ドームの真ん中にぽつんと四角の切り口が見えます。
花壇では大紫ツツジより一寸遅く咲くツツジが満開です。
名前は知りません。他にはタチアオイも綺麗に咲いています。
2週前に支給された草花も綺麗に咲いています。


こじま花の会5月28日作業
こじま花畑花一覧9月
こじま花の会TOP
昭和の森の四季
ツバメの巣材取り稲毛海浜公園
ブラシノキ

昭和の森とフラワーミュージアムの写真で応募枚数45枚。
デズニーランドに匹敵するくらい人気の有ると言うアンデルセン公園の
珍しい花ハンカチノキの写真も応募しています。


藤の花の写真は足利に藤の花を見に行こうかという話しなったので、
今どのくらいの咲き具合かと三陽メデアフラワーパーぃ耳に行ったときの、
藤の花の蕾の写真です。足利に行った時には曇りだったので青空の入った写真は
残念ながら撮れませんでした。


フォットパレッツセンター長陳列写真
NGパレットTOP
アンデルセン公園散歩
足利フラワーパーク散策
ハンカチノキ

16年のゴールデンウイークの最終日検見川浜は大変な人ごみです。
有料の駐車場も海岸通り沿いの無料の駐車場も満車です。
それでも千葉市の環境課の方々はコアジサシの営巣保護ロープを引いて呉れています。



こんな大きな貝がこんなに沢山取れています。
ハマグリやアサリが取れている人は少ないようです。
ホンビノスガイを掘り上げて写真のように並べています。
新婚さんか恋人同士か30個くらい掘り上げて、居る人に声を掛けたら、
その貝を置いて帰る所のようでした。昔白蛤といって売られていて、
インターネットのサイトなら料理法が調べられるよと言って離れました、
持ち帰ったか置いて帰ったか分かりません。



検見川浜の潮干狩り
コアジサシの営巣保護ロープ
コアジサシ
コアジサシの抱卵
ツバメの巣作り材料
ハマヒルガオ

四月22日応募の里山フォッターの結果が2日に出ました。応募数50枚。
昭和の森での写真を始め34枚のNGが出てしまいました。



昭和の森の芽吹き始めたケヤキの写真を始め昭和の森での写真の内
樹木の写真はは全滅です。カントウタンポポの写真は7枚陳列されました。
NGの理由は不鮮明です。今月不鮮明理由の写真が22枚有りました。
撮影設定の確認をして撮影し来月NGを少なくしようと思います。

里山フォッター陳列写真
4月の里山フォッターNG写真
昭和の森の四期四月
里山酒蔵(アマゾン通販)
ハマヒルガオ蘇れプロジェクト4月に苗

このページのトップヘ