里のカメラマン

村のカメラマン写真撮影&陳列情報

カテゴリ: 検見川浜

今の時期は冬の渡り鳥に沢山あえます。
最初に会えるのはヒドリガモです。護岸で一休みです。
ヒドリガモの特徴はオスの額のクリーム色です。渡り鳥です。
ミユビシギは足の指が3つのようです。旅鳥です。昔足にレッグフラァグを
付けた鳥の写真が撮れたことがあります。北海道と南オーストラリアの
レッグフラァグです。沖合いには餌を潜って取れるキンクロハジロや
ホシハジロも見られます。潜れる渡り鳥キンクロハジロ、ホシハジロは
千葉公園棉内池に沢山来ています。千葉公園の池の深さは70cm位です。
花見川河口では一番遅くまで日本にいるコガモが綺麗に撮れました。


今日日曜日千葉公園の渡り鳥の写真を撮りたく、千葉図書館に行きました。
臨時駐車場も含め駐車待ちの車がいっぱいで千葉公園は諦めました。
実は千葉公園は千葉図書館のすぐ近くなので、この駐車場を利用し、
千葉公園を散策しています。

検見川浜の渡り鳥たち
ミユビシギ
ダイヤモンド富士2018年2月
10月20日検見川浜
18年2月23日稲毛海岸ダイヤモンド富士

久しぶりに検見川浜へ散歩に行きました。
コアジサシの飛来情報の確認もしたいので、検見川浜です。
コアジサシが来ているとアマチュアカメラマンが来ているのですが、
今日は2人の千葉市の担当の方が来ていました。



6月24日のふれあい観察会の下見でしょうか?昨年は18日でしたが、
潮の関係で少し遅くなったそうです。
今抱卵している卵は孵ってしまうでしょう。その後別のコアジサシが
来て抱卵してくれると観察会の時コアジサシ抱卵が見られます。


5月19日確認コアジサシ
千葉市の鳥コアジサシ繁殖応援
9年ふれあい観察会
14年稲毛海岸検見川浜コアジサシ
コアジサシ

潜水鴨で何時もは沖合いにいるかもが今日は、岸壁に来ていて
一休みです。花見川河口から検見川浜へ久しぶりの散歩です。



花見川河口には未だ頭が黒くなってい無い、ユリカモメが沢山です。
珍しくハシボソカラスの写真が撮れました。でも残念ながら販売写真に
応募出来ません。目がはっきり写っていませんでした。


花見川河口から検見川浜3月
稲毛海岸から稲毛海浜公園の今
キンクロハジロ
スズガモ
花見川河口から検見川浜1月

昨日検見川浜に樹木の写真を撮りに行きました。
その折キカラスウリの蕾を見つけました。久ぶりです。
早速朝6時に車を走らせました。朝早いので美浜大橋手前の
駐車場が使えると思っていました。しかし残念ながら満車です。



違法駐車なので急ぎキカラスウリの写真を撮って来ました。
以前キカラスウリを撮ったときは、大きく開いていました。
どういうわけか丸まっていて、気品が有りません。


9月18日検見川浜のキカラスウリ
検見川浜の樹木の実
キカラスウリ
カラスウリ
美浜の散歩道
昭和の森の秋

キンモクセイガ終わって1月今は盛りにヒイラギやギンモクセイが、
良い香りを漂わせています。キンモクセイの花は黄色で、ヒイラギとギンモクセイは、



白い花です。ヒイラギの葉っぱは周囲のこぎりの歯のようですが、ギンモクセイは一部です。
花見川河口のに来ている鳥に変化です。沢山来ていたヒドリガモが一羽もい無くて、
泉水ガモのホシハジロばかりのときがあります。今日はオオバンが姿を見せています。



カンムリカイツブリも来ているようですが、私は未だ見ていません。
カンムリカイツブリはネクタイが特徴的な鳥です。


検見川浜の11月
カンムリカイツブリ
オオバン
ギンモクセイ
カミカザリ
仏像
アウトドア&スポーツ ナチュラム

このページのトップヘ