里山フォッター(woodlandphotoer)

里山フォッター写真撮影&陳列情報

カテゴリ: 昭和の森自然観察会

セミは生まれて5年も土の中にいて、地上に出たら1週間で死んでしまうとは。
それにしても樹木の根元から1mも離れた所に穴を開けて出てきて、樹木の幹や
葉ッパにまで登って行くとは。抜け殻が樹木の幹や葉ッパの裏側に抜け殻発見。



今日は泣き声は聞こえますが姿が見付からず生きた姿を見られません。
屍骸や抜け殻で口の形音の出し方の説明です。
トンボはオニヤンマ、ギンヤンマ、シオカラトンボにノシメトンボ沢山
見られました。オニヤンマの大きい抜け殻も見つけました。


昭和の森自然観察会:8月トンボとセミ
昭和の森自然観察会TOP
アキノタムラソウ
こじま花の会TOP
美浜散歩道

昭和の森へ行くまでの車では、チョットワイパーを動かす必要が有りました。
観察会の時間には幸い雨は降りませんでした。下夕田池ではミドリガメが
大きくなってミシシッピーアカミミガメの赤い耳の所の確認が出来ましたが、
写真には撮れませんでした。オオクチバスの幼体の写真も撮れません。



苗が順調に育っている田圃では水辺の生き物が見られました。
ドジョウ、オタマジャクシ、メダカ。調整池ではウシガエルの卵が沢山採れました。
アメリカザリガニも。

昭和の森6月[水辺の生き物]
7月観察会準備「文字書き」
14年「水辺の生き物」午前の下見
ホウノキ
昭和の森

昭和の森自然観察会7月テーマ樹木の名札付けの準備で、
記名版文字書きを昭和の森自然観察会樹木の花の前に行いました。



樹木の名札付けは過去何回かやっていて、文字書き用記名版に直接墨で書くと、
文字がにじむので、ニスで目止めをしていました。今回も同じ工程で
文字書きをを始めました。所が今までこんな事無かったのですが、墨が乗りません。
今回のニス塗りが丁寧すぎたのでしょうか?この次の工程が一つ増えました。
仕上げのニス塗り前にマジックで処理が必要になりました。


昭和の森7月「樹木の名札付け」準備文字書き
記名版再生
以前の記名名札付けのホームページ
樹の名前
昭和の森自然観察会

昭和の森の自然観察会は2月以外第2日曜日です。5月は何時も母の日です。
母の日は第2日曜日ですから。今日は快晴



初夏に咲く樹木の花は沢山あります。最初はつつじです。
写真撮れた花はトチの花、ヒバナトチの花ホウノキの花。


昭和の森5月[樹木の花]
今月咲いていた花の一部
12年樹木の花
ホウノキ
昭和の森

今月の昭和の森自然観察会は自宅付近雨で、観察会中止と思い、
昭和の森へ行きませんでした。中止になったかどうか分りません。
有ったとしたら春の3時間コースで、昭和の森を出るハイキングです。



7月に樹木の名札付けがテーマの観察会が有ります。一寸早いと思いますが
其の準備に取り掛かりました。失敗した記名版や古い記名版で物置に有った
物です。白い文字はかなり古いもので、スダジイの所スタジイになっていて
取り付けなかったものです。今回も下塗りのニスは、植物由来を使います。
上塗りは水生のエマルジョンタイプにしようかと思います。5年は持つでしょう。


昭和の森自然観察会7月準備:記名札再生
昭和の森自然観察会前回の3時間コース
前回の名札付けの様子
京葉線TOP
自然観察参考書アマゾン通販
Kindle:アマゾン通販紹介

このページのトップヘ